ゴルフ 全英オープン 木下65位、決勝Rへ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 男子ゴルフのメジャー最終戦、全英オープン選手権は16日、英国南東部サンドイッチのロイヤルセントジョージズGC(パー70)で第2ラウンドが行われ、91位から出た木下稜介が3バーディー、2ボギーの69で回り、通算1オーバー、141の65位で決勝ラウンドに進んだ。

 48位からともに72と落とした金谷拓実と永野竜太郎は通算2オーバーで決勝ラウンド進出に1打及ばなかった。東京オリンピック代表の星野陸也は72で6オーバー、稲森佑貴は81と崩れ16オーバーで予選落ちした。

 65をマークしたルイ・ウェストヘーゼン(南アフリカ)が通算11アンダーで首位を守り、コリン・モリカワが2打差2位、ジョーダン・スピース(ともに米国)が8アンダーで3位につけた。【サンドイッチ(英国)共同】

この記事は有料記事です。

残り1118文字(全文1453文字)

あわせて読みたい

注目の特集