特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

アフガン政府、停戦呼び掛け タリバンと直接協議 米軍撤退近づく

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米軍が去ったバグラム空軍基地を警備するアフガニスタン軍の兵士=カブール近郊で2021年7月5日、AP
米軍が去ったバグラム空軍基地を警備するアフガニスタン軍の兵士=カブール近郊で2021年7月5日、AP

 アフガニスタン政府と反政府武装勢力タリバン双方の高官による直接協議が17日、中東カタールの首都ドーハで始まった。アフガン駐留米軍は8月末の撤退完了に近づいており、全土で武力制圧地域を広げるタリバンと政府の和平を進展させられるかどうかが焦点。アフガン政府代表のアブドラ国家和解高等評議会議長は「戦闘が続けば国はがれきと化す」と述べ、停戦を呼び掛けた。

 政府側はタリバンとの恒久停戦に向けた協議を加速したい考えだが、戦闘を優位に進めるタリバンは武力を背景に交渉を進める構えで、妥協を促すのは難しそうだ。協議は18日も続く見通し。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文622文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集