カンヌ映画祭脚本賞に濱口竜介監督作品「ドライブ・マイ・カー」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カンヌ国際映画祭での公式上映の翌日、記念撮影に応じる出演者ら。(左から)霧島れいかさん、濱口竜介監督、三浦透子さん、ソニア・ユアンさん=フランス・カンヌで2020年7月12日、ⒸKazuko WAKAYAMA
カンヌ国際映画祭での公式上映の翌日、記念撮影に応じる出演者ら。(左から)霧島れいかさん、濱口竜介監督、三浦透子さん、ソニア・ユアンさん=フランス・カンヌで2020年7月12日、ⒸKazuko WAKAYAMA

 フランスで開催されていた第74回カンヌ国際映画祭は17日夜(日本時間18日未明)、授賞式が行われ、コンペティション部門に出品されていた「ドライブ・マイ・カー」の濱口竜介監督と共同脚本の大江崇允(たかまさ)さんが脚本賞を受賞した。

 授賞式には濱口監督が出席。「この映画は3時間近くある長大な物語で、分かりやすさだけを考えたらできなかったが、彼(大江さん)が励まし続けてくれたから、書き切ることができた。海の向こうにいる役者とスタッフに大きな拍手を送っていただきたい」と感謝の言葉を述べた。

 授賞式後の記者会見では「流れが滞らないように意識した。村上春樹さんの原作と、劇中劇の『ワーニャ伯父さん』を繰り返し読み、インプットされたものを流し込むように書いた」と話した。

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1331文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集