コロナ収束願い、風船700個夏空に 千葉南高 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
色とりどりの風船を放つ生徒たち=千葉市中央区の千葉南高で2021年7月17日、柴田智弘撮影
色とりどりの風船を放つ生徒たち=千葉市中央区の千葉南高で2021年7月17日、柴田智弘撮影

 「早く日常が戻りますように」――。千葉市中央区の県立千葉南高(岩土賢祐校長、生徒数952人)の校庭から、生徒が夢を込めた700個の風船が梅雨明けの夏空に放たれた。南風に乗って、医療従事者を応援するかのように病院が集まる方角に飛び去る風船を、生徒たちは見えなくなるまで眺めていた。

 16、17日に2年ぶりに開催された同校…

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文353文字)

あわせて読みたい

注目の特集