特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

トヨタ、五輪関連CMの放送取りやめ 社長の会場応援も見送り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トヨタ自動車=村田由紀子撮影 拡大
トヨタ自動車=村田由紀子撮影

 東京オリンピック・パラリンピックの最高位スポンサーを務めるトヨタ自動車は、国内で予定していた五輪関連のテレビCMの放送を取りやめる。豊田章男社長ら関係者の開会式などへの出席も見送る。広報担当の長田准執行役員が19日、報道各社のオンライン取材で明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大で大会開催に慎重な世論が根強い中、自社のブランドにマイナスイメージが広がるリスクを避けたとみられる。

 トヨタは欧米で、アスリートを支える内容のテレビCMを放送している。国内でも同じCMを放送する予定だったが、取りやめる。

 長田氏はCM取りやめの理由を説明していないが、「いろいろなことが理解されていない五輪になりつつある」と指摘。「スポンサーになった時から(商品宣伝など)プロモーションのメリットはほぼ考えていなかった」と話した。

 200人近いトヨタ関連の選手が出場するため、豊田社長が競技会場で応援する計画もあったが、これも見送るという。

 トヨタは、大会スポンサーの最高位「ワールドワイドパートナー」を務める14社のうちの一社。24年のパリ大会まで契約している。

 今回の大会では、大会関係車両として水素で走る燃料電池車(FCV)や電気自動車(EV)など約3300台を提供。長田氏は、「アスリートに大会に集中してもらうため、徹底的に支援していきたい」と強調した。【杉山雄飛】

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集