群馬県ゆかりの人々演じる“お盆の家族” コロナで延期、8月に上演

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「座卓」を囲んで会話する次女役の栗原一美さん(右)と長女役の小川裕子さん(左)。後から会話に加わる母親役の中村ひろみさん(後方)=群馬県太田市大原町で2021年7月1日午後8時42分、鈴木敦子撮影
「座卓」を囲んで会話する次女役の栗原一美さん(右)と長女役の小川裕子さん(左)。後から会話に加わる母親役の中村ひろみさん(後方)=群馬県太田市大原町で2021年7月1日午後8時42分、鈴木敦子撮影

 ともに群馬県邑楽町出身の落語家・立川談四楼さんやNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」に出演中の俳優・大竹直さんら、県ゆかりの人々による演劇「縁側アロハ」が8月14、15日、太田市民会館(同市飯塚町)で上演される。新型コロナウイルス感染拡大で昨年6月の上演が中止になり、関係者の熱意でほぼ14カ月遅れで開演を迎える。7月からは対面での稽古(けいこ)も始まり、せりふや動作の一つ一つに熱が籠もる。【鈴木敦子】

 「今のせりふは音が消えて5秒数えてから」「もっと跳びはねながら入ってきて」。7月初旬、太田市内の稽古場で、脚本を書き下ろした演出家兼音楽担当の加藤真史さん(50)が真剣な目で役者の姿を追いつつ、穏やかな口調で指示を出していた。「じゃあ、今のところもう1回」。応じる役者たちも生き生きとしている。コロナ禍で公民館などを利用できず、6月まではオンラインでせりふの練習しかできなかった。「リアル」な稽古は…

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1293文字)

あわせて読みたい

ニュース特集