Foorinが活動終了へ 小中学生5人組 パプリカで一世を風靡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
センバツの行進曲に決定した「パプリカ」を歌う小中学生5人グループ「Foorin」=東京都港区で2019年12月23日、北山夏帆撮影
センバツの行進曲に決定した「パプリカ」を歌う小中学生5人グループ「Foorin」=東京都港区で2019年12月23日、北山夏帆撮影

 米津玄師さんプロデュースの楽曲「パプリカ」を歌って一世を風靡(ふうび)した小中学生の5人組「Foorin(フーリン)」が、9月27日をもって活動を終える。NHKの「2020年とその先の未来に向かって頑張っているすべての人を応援するプロジェクト」の応援ソングとして、18年7月に「パプリカ」のミュージックビデオ(MV)が公開されて以来、日本中の子どもたちが歌い踊る社会現象となっていたが、ちょうど3年となる7月19日に「卒業」が発表された。

 18日からは「みんなのうた」(Eテレ・毎週日曜午前7時55分と総合・毎週水曜午後3時55分)で、集大成となる「あしたにたねをまこう!バージョン」が放送されており、19日には同バージョンの全編が一斉公開された。花道として、9月27日午後7時25分からEテレで特番「あしたにたねをまこう! LIVE」が放送される。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文946文字)

あわせて読みたい

注目の特集