「理解に苦しむ」 小山田圭吾さん「いじめ」発言で障害者団体声明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
クイック・ジャパン(1995年3号)に掲載された小山田圭吾さんのインタビュー記事=東京都千代田区で2021年7月15日、北山夏帆撮影
クイック・ジャパン(1995年3号)に掲載された小山田圭吾さんのインタビュー記事=東京都千代田区で2021年7月15日、北山夏帆撮影

 東京オリンピックの開会式の楽曲を担当するミュージシャンの小山田圭吾さんが、過去に雑誌のインタビューで長年にわたって同級生をいじめていたと語っていたことを巡り、知的障害者の権利擁護団体「全国手をつなぐ育成会連合会」は18日、ホームページで声明を発表した。

 声明では「障害の有無に関わらず、いじめや虐待は許されるものではない」「なぜ自身が『いかなる差別も禁じる』としている五輪憲章を掲げるオリンピック、そして障害者アスリートの祭典であるパラリンピックの楽曲提供を担当するに相応(ふさわ)しいと考えたのか、理解に苦しむ」などと抗議を表明。小山田氏を起用し、問題発覚後も留任を決めた大会組織委員会に対しても「重い説明責任がある」と指摘した。

 さらに開催直前であること、小山田氏が謝罪していることなどから「楽曲制作への参加取りやめまでを求めるものではない」とした上で、「大会を楽しめない気持ちになった障害のある人や家族、関係者が多数いることについては、強く指摘しておきたい」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り1925文字(全文2363文字)

あわせて読みたい

注目の特集