音楽プロデューサー酒井政利さん死去 85歳 山口百恵さんら手掛け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
酒井政利さん 85歳=音楽プロデューサー (7月16日死去)
酒井政利さん 85歳=音楽プロデューサー (7月16日死去)

 山口百恵さんや郷ひろみさんら多数のアイドル歌手を育てた音楽プロデューサーで文化功労者の酒井政利(さかい・まさとし)さんが16日、心不全のため死去した。85歳。葬儀は近親者で営んだ。

 和歌山県生まれ。立教大卒業後、1961年に日本コロムビアに入社、島倉千代子さん、こまどり姉妹などを担当した。64年、同名の書籍をヒントに制作した青山和子さんの「愛と死をみつめて」がヒットし、同曲はこの年の日本レコード大賞を受賞した。

 CBS・ソニー(当時)発足と同時に移籍し、南沙織さん、天地真理さん、キャンディーズ、郷ひろみさん、宮沢りえさんらをプロデュース。歌謡界のアイドル路線を確立した。また、山口百恵さんの多くの曲のテーマやタイトルの決定にも関わり、「ひと夏の経験」「いい日旅立ち」などをヒットさせ、大スターに育てた。CMソングとして制作した「魅せられて」の歌手にジュディ・オングさんを起用し、79年の日本レコード大賞受賞に…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文985文字)

あわせて読みたい

注目の特集