茅葺き修業し「おむすび屋」開店目指す 和歌山大生「交流の場に」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
屋根を茅葺きに改修し、おむすび屋を開設する計画の物置小屋(左)。右奥の建物が志高庵=和歌山県かつらぎ町志賀で2021年7月3日午前11時14分、藤原弘撮影
屋根を茅葺きに改修し、おむすび屋を開設する計画の物置小屋(左)。右奥の建物が志高庵=和歌山県かつらぎ町志賀で2021年7月3日午前11時14分、藤原弘撮影

 和歌山県かつらぎ町志賀地区で、和歌山大の学生たちが、活動拠点としているゲストハウスそばの物置小屋の屋根を茅葺(かやぶ)きに改装し、おむすび屋を開く計画に取り組んでいる。地域住民と協力して地域の持続可能性を切り開くべく、地区への若者定住に向け、収入を得る道を探る狙いだ。

 学生らの地区での活動は2017年、地域協働自主演習いう科目のプロジェクトの一つとして始まった。18年には古民家のリノベーションに取り組み、ゲストハウス「志高庵」を開業している。

 地区にはトタンで保護された茅葺きの民家が20軒以上残る。学生らは茅葺きの技術が2020年、ユネスコ無形文化遺産に登録された「伝統建築工匠の技」に含まれたことに着目し、将来的に地区の民家の葺き替えをすることも目指し、神戸市の茅葺き職人、相良育弥さん(41)から技術を学んでいる。

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1288文字)

あわせて読みたい

ニュース特集