横審、白鵬への「注意」撤回 ガッツポーズなどに苦言も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
照ノ富士(左)に張り手をする白鵬=名古屋市中区のドルフィンズアリーナで2021年7月18日、兵藤公治撮影
照ノ富士(左)に張り手をする白鵬=名古屋市中区のドルフィンズアリーナで2021年7月18日、兵藤公治撮影

 日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会(横審)は19日、東京都内で定例会合を開き、6場所連続休場明けの名古屋場所で歴代最多を更新する45回目の優勝を全勝で飾った白鵬についても協議した。

 記者会見した矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は、「けがを乗り越えて全勝優勝という結果を示してくれた。進退を懸けると明言し、その約束を守り結果につなげた。評価…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集