特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

サッカー会場の利府 真夏の祭典「冷」視線 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「TOKYO2020」と書かれた看板が置かれたJR利府駅前=宮城県利府町で
「TOKYO2020」と書かれた看板が置かれたJR利府駅前=宮城県利府町で

 利府町では、21日から東京五輪サッカーが有観客で始まる。無観客を求める声はあるが、町民は世界の祭典を楽しみにしているのではないか――。地元の熱気を感じようと町を訪ねると、町民たちは新型コロナウイルスの感染拡大を心配し、五輪を素直に喜べずにいた。

「元々、経済的恩恵ない」

 JR仙台駅の北東約10キロにあるスタジアムを目指し、利府駅を出発。駅前には「TOKYO2020」と書かれた大きな看板や、各国の国旗が飾られ雰囲気を盛り上げる。タクシー運転手の桜井重男さん(72)に声を掛けると「観客は仙台からシャトルバスで来るだろう。試合初日の21日は面倒だから休むよ」と気だるそうに答えた。

 会場ではアイドルグループのコンサートも開催されるが、町内の宿泊施設は三つだけで、観客は隣接する仙台市で飲食し、宿泊するという。近くにいた女性も「ここは仙台のベッドタウン。子育てはしやすいが、観光客にとっては、トイレを借りごみを捨てていくだけの通過点」と手厳しい。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文889文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集