AIで浸水被害想定 春日部市がデータ提供⇨NTT東がモデル作成 共同実験で協定 /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
協定書に署名する石川良三市長(左)と花石啓介・NTT東日本埼玉南支店長(右)=春日部市役所で2021年7月12日、古賀三男撮影
協定書に署名する石川良三市長(左)と花石啓介・NTT東日本埼玉南支店長(右)=春日部市役所で2021年7月12日、古賀三男撮影

 春日部市とNTT東日本埼玉南支店は12日、災害に強い街づくりを推進するために、人工知能(AI)を活用した被害想定をもとにした共同実験について協定を結んだ。実証実験期間は11月末まで。

 NTT東によると、市が過去の浸水被害データをNTT東側に提供し、NTT東はAIシステムを活用して被害想定モデルを作成。市はこの被害想定を対策の準備に活用する。被害…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

あわせて読みたい

ニュース特集