連載

埼玉ビズ+α

埼玉県の経済ニュースや、企業トップのインタビューをまとめました。

連載一覧

埼玉ビズ+α

スマート農業でナス栽培 スマホでハウス管理 省力化、品質も向上 狭山 /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
スマートフォンでハウス内の状態を管理するスマート農業に取り組む本橋利信さん=埼玉県狭山市上赤坂で2021年7月5日、清藤天撮影
スマートフォンでハウス内の状態を管理するスマート農業に取り組む本橋利信さん=埼玉県狭山市上赤坂で2021年7月5日、清藤天撮影

 狭山市の「狭山茶と旬野菜の本橋園」=本橋利信代表(36)=が、スマートフォンで管理するビニールハウスでのナス栽培に取り組んでいる。先端技術を活用して省力化、高品質化を図る「スマート農業」で、4月に始め、隣接の畑で栽培する露地物より品質が向上し安定的に収穫できるとして、規模の拡大を目指している。

 ハウス(長さ36メートル、幅6・3メートル)は、内部にセンサーを数カ所設け、気温、湿度、土壌含水率などを測っている。これらのデータを離れた場所からスマートフォンで確認できる。データに基づき、遠隔操作でファンを回してハウス内全体の温度を均一にするほか、散水もする…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文698文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集