特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

月刊東京五輪

サーフィン・インドネシア代表 リオ・ワイダ 待望、故郷・日本の海

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京五輪インドネシア代表のワイダ=宮崎市で2019年9月14日、徳野仁子撮影
東京五輪インドネシア代表のワイダ=宮崎市で2019年9月14日、徳野仁子撮影

 <ともに生きる。ともに輝く。>

 東京オリンピックで新競技に採用されたサーフィンで、インドネシア人の父と日本人の母を持ち、埼玉県で生まれたリオ・ワイダ(21)が五輪出場権を獲得した。インドネシア男子代表として出場するワイダは「日本のファミリーも楽しみにしている」と開幕を心待ちにする。

 「日本とインドネシアの懸け橋になってほしい」。両国で親しみやすく呼びやすい「リオ」と名付けられた少年は5歳の時、サーフポイントが点在するインドネシアのバリ島に家族で移住した。ボディーボードが趣味の両親と一緒にビーチを訪れても、「最初は波が怖かった」と海に入ることができなかった。

 それでも島で多くの人たちがサーフィンに親しむ様子を見ているうちに自然と足は海に向いた。波に乗る楽しさを覚え、サーフィンを通じて多くの友人もでき、「波に乗っていない人生は考えられない」とまで話すようになった。

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文986文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集