「外国人材活用を」 エジプト出身のスルタン氏当選 庄内町議補選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
初当選したスルタン ヌール氏=山形県庄内町役場で2021年7月19日、長南里香撮影
初当選したスルタン ヌール氏=山形県庄内町役場で2021年7月19日、長南里香撮影

 18日投開票された山形県庄内町議補欠選挙(改選数1)で、エジプト出身の自動車販売業、スルタン ヌール氏(49)が初当選した。県選管によると、県内市町村議会で外国出身者の当選は初。スルタン氏は「外国人の人材を活用し、地域経済を盛り上げたい」と、日本語で抱負を述べた。

 2018年6月の町議選で定数16に15人しか立候補せず定員…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

あわせて読みたい

注目の特集