ペルーで左派政権復活 コロナで貧富の差拡大、中南米で左派に追い風

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ペルー大統領選の勝利が確定し、支持者に手を振るペドロ・カスティジョ氏=首都リマで2021年7月19日、AP
ペルー大統領選の勝利が確定し、支持者に手を振るペドロ・カスティジョ氏=首都リマで2021年7月19日、AP

 ペルー大統領選で急進左派の小学校教師、ペドロ・カスティジョ氏(51)の勝利が確定し、5年ぶりに左派政権が復活する。中南米の左右陣営が競い合う「国取り合戦」は、新型コロナウイルス流行で貧富の格差が広がる中、貧困層への政策を重んじる左派に追い風が吹いている。

 1999年にベネズエラの左派、チャベス大統領が就任したのを皮切りに、2000年代に左派政権が中南米を席巻した。経済界寄りの右派政権下、新自由主義的な経済政策への不満が広がり、貧困対策を重視する左派政権が支持されたと指摘される。世界有数の原油埋蔵量を誇るベネズエラでチャベス氏が石油産業への国家管理を強め、左派政権に石油を提供して側面支援した。

 だが、13年のチャベス氏の死後、後継のマドゥロ大統領は独裁色を強めた。石油生産は落ち込み、経済危機が深刻化した。

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1168文字)

あわせて読みたい

注目の特集