札幌で21年ぶり猛暑日 熱中症で104人搬送、昨年の5倍以上

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
走行する救急車=曽根田和久撮影
走行する救急車=曽根田和久撮影

 北海道内は19日も気温が上昇し、173観測地点中11地点で最高気温35度以上の猛暑日となった。札幌市は35・0度に達し、2000年以来21年ぶりの猛暑日。清水町では90代女性2人が屋外で倒れているのが見つかり、死亡が確認された。熱中症の疑いもあるという。

 札幌管区気象台によると、最高気温は上富良野…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

あわせて読みたい

注目の特集