全国64万件の遺跡・文化財、ウェブマップで確認 奈文研が公開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
奈良市中心部の遺跡や木簡などの位置情報=文化財総覧 WebGISから
奈良市中心部の遺跡や木簡などの位置情報=文化財総覧 WebGISから

 奈良文化財研究所(奈良市)は20日から、全国の遺跡や文化財計約64万件の位置情報や概要を地図上で確認できるシステム「文化財総覧 WebGIS(地理情報システム)」をインターネット上で無料公開する。担当者は「地元の身近な文化財の場所を知ってもらい、学校での学習や地域の防災計画などに活用してもらいたい」と話している。【加藤佑輔】

 奈文研では全国の自治体などが発行する遺跡の発掘調査報告書をデータベース化した「全国遺跡報告総覧」をネット上に公開してきたが、研究所内から「書類だけでは遺跡の地理情報が把握しづらい」との声が上がり、課題解決のため、2020年度からGISの開発に着手した。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文633文字)

あわせて読みたい

注目の特集