仏教学を世界に発信 創設100年・東方仏教徒協会が学術誌刷新

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
刷新した東方仏教徒協会の英文学術誌を手にする大谷大のローズ名誉教授(左)と井上教授。手前左は100年前の創刊号=京都市北区で2021年7月16日午後4時42分、千葉紀和撮影
刷新した東方仏教徒協会の英文学術誌を手にする大谷大のローズ名誉教授(左)と井上教授。手前左は100年前の創刊号=京都市北区で2021年7月16日午後4時42分、千葉紀和撮影

 仏教学を世界に発信するため、仏教哲学者の鈴木大拙(だいせつ)らを中心に創設された「東方仏教徒協会」(事務局・大谷大、京都市北区)が2021年で100周年を迎えた。英文の学術誌「ザ・イースタン・ブディスト」を定期刊行し、仏教本来の意義を主に欧米に紹介する役割を果たしてきた。節目を機に協会は7月、「仏教の新たな魅力を伝えていきたい」と学術誌を全面刷新した。

 協会は1921年、東本願寺(真宗大谷派)が支援し、鈴木や、仏教学者で後に大谷大の学長も務めた佐々木月樵(げっしょう)らを中心に創設された。当時の欧米では、日本で主流の大乗仏教は「釈迦(しゃか)の教えから逸脱した通俗的な宗教」と受け止められる傾向があったという。このため、大乗仏教の意義を世界に紹介する役割が期待された。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文1010文字)

あわせて読みたい

ニュース特集