特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

高齢者施設クラスター、減少鮮明に 対策浸透、ワクチン効果指摘も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスのワクチン接種=東京都港区で2021年6月21日、手塚耕一郎撮影
新型コロナウイルスのワクチン接種=東京都港区で2021年6月21日、手塚耕一郎撮影

 高齢者施設で多発していた新型コロナウイルス感染症の「クラスター」(感染者集団)が6月下旬以降、伸びの鈍化が鮮明となってきた。主な発生施設のうち、今年に入ってから最も高い発生割合を占めていたが、医療機関に続いて割合が低下。専門家は「高齢者らへのワクチン接種の効果ではないか」と指摘する。

 厚生労働省は、報道などで把握した2人以上の感染者の事例を「クラスター」として集計。施設ごとに分類して毎週公表している。

 7月の第3週までの累計は8746件。うちクラスターが比較的多い「医療機関」「高齢者福祉施設」「飲食店」「学校・教育施設」「企業等」でみると高齢者施設での発生は1742件(19・9%)と全体の2割近くを占める…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文1006文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集