特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

所在不明のウガンダ選手を三重・四日市市で発見 大阪府警発表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪府警本部=藤田剛撮影
大阪府警本部=藤田剛撮影

 東京オリンピックの事前合宿中、大阪府泉佐野市の滞在先からいなくなったウガンダ選手団のジュリアス・セチトレコ選手(20)=男子重量挙げ=について、府警は20日、三重県四日市市内で見つかったと発表した。体調に問題はなく、警察官とのやりとりに素直に応じているという。府警は大使館などを通じて正式に本人確認し、選手団に戻すかなど引き渡し先を調整する。

 セチトレコ選手は宿泊先のホテルから16日に姿を消し、所在不明になった。府警によると、同日中に新大阪駅から新幹線に乗って名古屋駅で降車。ウガンダ人の知人とみられる男性と合流して岐阜県内に滞在した後、四日市市内に移動していた。20日午後3時過ぎに警察官に発見された際は自らの名前を名乗り、顔写真入りのIDカードを持っていた。

この記事は有料記事です。

残り106文字(全文439文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集