特集

SUNDAY LIBRARY

毎日新聞デジタルの「SUNDAY LIBRARY」ページです。「サンデー毎日」の書評「SUNDAY LIBRARY」の記事を掲載します。

特集一覧

SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『70歳が老化の分かれ道』和田秀樹・著

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

どんな老後になるかの分かれ目は70代にある

◆『70歳が老化の分かれ道』和田秀樹・著(詩想社新書/税込み1100円)

 ベストセラーになった『LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略』によれば、これからは、何度も新しい節目と転機が訪れるマルチステージの人生に様変わりするという。誰かの手を借りることが増え、老いを受け入れざるを得なくなるいわゆる「老後」は80代以降。本書でもそれは強調されている。

 医療の進歩や栄養状態のよさから、ある程度は身体の健康は維持できる時代になった。しかし、脳は、統計上、85歳以上の4割、90歳以上の6割が認知症。症状が出ていなくても前頭葉の萎縮は進んでいるわけだ。それを防ぐには〈変化のある生活〉がカギになる。仕事やボランティア、趣味の集まりなど外に出かける用事を生活に組み込む。料理に挑戦する。読書もこれまであまり手を伸ばさなかった作家やジャンルを選んでみる。何ら…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文911文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集