連載

熱血!与良政談

長年、政治の裏側を取材してきた与良正男専門編集委員が、永田町に鋭く斬り込みます。

連載一覧

熱血!与良政談

報道のあり方も問われる=与良正男

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国立競技場=東京都渋谷区で、北山夏帆撮影
国立競技場=東京都渋谷区で、北山夏帆撮影

 東京都などに対して緊急事態宣言が再発令された後も新型コロナウイルスの感染拡大が収まらぬまま、東京オリンピックの競技がスタートした。

 政府分科会の尾身茂会長が「今のパンデミック(世界的大流行)の状況でやるのは普通はない」とさえ言っていた異例の五輪だ。

 それでも菅義偉首相が開催にこだわった理由は、もう説明するまでもないだろう。

 そう。本欄でも再三書いてきた通り、五輪が始まりさえすれば、世の中の空気は一変し、下落し続ける内閣支持率も回復するはずだと考えているからである。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文907文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集