建築 隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則 ネコの視点で都市再発見=評・五十嵐太郎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
隈研吾展の展示風景=木奥惠三氏撮影
隈研吾展の展示風景=木奥惠三氏撮影

 東京五輪のメインスタジアムを設計した隈研吾(1954年生まれ)の個展が、東京・竹橋の東京国立近代美術館で開催されている(9月26日まで)。国を代表するナショナル・アーキテクトだが、改めて日本各地で数多くのプロジェクトを手がけたことが確認できる内容だ。もちろん、海外の作品も紹介している。

 その際、隈建築を理解する五つのキーワードとして、人や物をつなぐ「孔」、建築を開く「粒子」、身体を包む「やわらかい」素材、農業以前の大地への回帰となる「斜め」、無数のゼンマイのようなスカスカの「時間」を掲げた。このわかりやすさは、かつてル・コルビュジエが唱えた五つの原則を踏まえたものだろう。したがって、まず本展は、一般の来場者にとって隈の全容を知る格好のイントロダクションとなっている。ここで作品を知り、次にそれぞれの現地に出かけるのだ。

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文960文字)

あわせて読みたい

注目の特集