新型コロナ 前週比1割以上減で 県、まん延防止解除諮問 専門家会議に /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染症対策を検討する県の専門家会議が20日に開かれ、20市町に適用されている「まん延防止等重点措置」の解除を検討する基準を決めた。直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数が15人未満で、前週比で1割以上減少した場合などに県が同会議に解除を諮問する。また坂戸、吉川両市で感染者数が増えているこ…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

あわせて読みたい

注目の特集