音色で涼しくお迎え 八咫烏の風鈴飾る 熊野本宮大社 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
八咫烏風鈴を取り付けるみこ=和歌山県田辺市の熊野本宮大社で、竹内之浩撮影
八咫烏風鈴を取り付けるみこ=和歌山県田辺市の熊野本宮大社で、竹内之浩撮影

 田辺市本宮町の熊野本宮大社に20日、黄や青など5色の短冊に熊野三山の神鳥「八咫烏(やたがらす)」が描かれた風鈴約300個が飾られた。お盆過ぎまで涼やかな音色で参拝客を迎える。

 本宮町商工会の協力で、2006年から続けている。風鈴は高さ6・5センチ、直径5・5センチで、熊野地方の伝説に登場する「三体…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

あわせて読みたい

注目の特集