連載

きょうのセカンドオピニオン

読者からの身近な病気や健康の悩みに、専門医が答えます。

連載一覧

きょうのセカンドオピニオン

就寝中に舌をかむ=答える人・石垣佳希教授(日本歯科大病院・口腔外科)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 Q就寝中に舌をかむ

 寝ている間に舌をかんで困っています。マウスピースも作ったのですが、それでもかんでしまい、舌がはれて痛みます。(大阪府、女性、73歳)

 A 枕を低くすることで解決も

 寝ている間に舌をかんでしまう原因は、極度の疲労や睡眠不足など心理的な問題と、歯並びと舌の大きさがアンバランスになることで生じる機能的な問題の両面から考える必要があります。

 バランスの変化は、肥満や加齢により引き起こされます。肥満では、首回りで増えた脂肪が舌を持ち上げて歯と舌が接触しやすくなります。また、舌の状態に変化がなくても、加齢に伴い歯がすり減り、かみ合わせの高さ「咬合高径(こうごうこうけい)」が低くなると上下の歯列と舌が接触しやすくなります。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文746文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集