特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020+1

福島じかに、遠い幕明け 震災語り部、無観客落胆

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京オリンピックの開幕を前に実施された野球のイベントで、集まった中学生らに東日本大震災の被災体験を語る青木淑子さん=福島市古川の信夫ケ丘球場で2021年7月17日、肥沼直寛撮影
東京オリンピックの開幕を前に実施された野球のイベントで、集まった中学生らに東日本大震災の被災体験を語る青木淑子さん=福島市古川の信夫ケ丘球場で2021年7月17日、肥沼直寛撮影

 23日の開幕に先駆けて東京オリンピックの競技が21日から始まる。福島市の福島県営あづま球場では、ソフトボール日本代表戦が行われるが、新型コロナウイルスの影響により観客の入場が見送られた。東日本大震災の教訓を伝える「語り部」の活動を続けてきた青木淑子さん(73)=福島県富岡町=は、「復興五輪」の発信力に期待していただけに、落胆を隠せないでいる。

 「富岡町は桜の美しい町ですが、まだバリケードが張り巡らされたままです。(東京電力福島第1)原発事故の影響で、町の12%の区域は立ち入りが禁じられています」。16日午後、東京ビッグサイト(東京都江東区)に設けられた東京五輪のメインプレスセンター(MPC)。海外メディア向けの講演に招かれた青木さんは、オンラインを通じて復興の現状を語りかけた。MPCには復興五輪の情報発信ブースが設置されている。この日…

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1240文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集