NY円、110円前半 米長期金利が上昇傾向で円売り先行

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 21日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比30銭円安ドル高の1ドル=110円12~22銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1763~73ドル、129円64~74銭。

 米長期金利が上昇傾向となったのを受け、円売りドル買いが先行した。(共同)

あわせて読みたい

注目の特集