特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

結婚式と披露宴一体 コロナ禍で「もっと良く」 愛知のプランナー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「挙式披露宴」で新郎新婦をサポートする藤井菜実さん=愛知県豊田市で2021年3月(結婚式場「アージェントパルム」提供)
「挙式披露宴」で新郎新婦をサポートする藤井菜実さん=愛知県豊田市で2021年3月(結婚式場「アージェントパルム」提供)

 愛知県豊田市のウエディングプランナー、藤井菜実さん(35)が7月、全国のプランナーを集めた結婚式のプロデュース事例のコンテストでグランプリを受賞した。コロナ禍で式の延期や中止に悩む新郎新婦の心を動かした「未来で完成させる新しい形の結婚式」とは――。【酒井志帆】

 「どんな状況であってもチャンスに変えて、新しい価値を生み出す。この先も結婚式が必要とされるために、今私たち一人一人が試されている時。コロナ禍を経て、結婚式はもっと良くなる」。7月6日、東京都内で行われたコンテストの最終審査の場で、藤井さんは訴えた。

 藤井さんが紹介した事例は今年1月、キャンセルを申し出た同市のカップルに提案した「挙式披露宴」。挙式の後に披露宴を開くという通常のプログラムを見直し、二つを一体化した新しいスタイルだった。

この記事は有料記事です。

残り1048文字(全文1398文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集