大阪万博新設駅の周辺整備、応募ゼロで一部市が実施? 松井市長言及

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2025年大阪万博の会場となる夢洲=本社ヘリから幾島健太郎撮影
2025年大阪万博の会場となる夢洲=本社ヘリから幾島健太郎撮影

 2025年大阪・関西万博の会場となる大阪市の人工島・夢洲(ゆめしま)に新設される「夢洲駅」(仮称)の周辺整備を担う事業者を市が公募したところ応募が一社もなかったことについて、松井一郎市長は21日の記者会見で、「夢洲の駅は万博に間に合わせないといけない」と述べ、一部を公共事業として市が実施する可能性に言及した。

 万博開幕までに、新駅の改札付近から万博会場までの関連施設(約2000平方メートル)の整備をする必要がある。市は民間資金の活用を模索し、将来は大型ショッピングセンターなどを建設できるように、周辺の土地を加えた計約3万3000平方メートルを対象として貸し出す内容で、4月に「プロポーザル方式」で事業者を公募。しかし、7月の受付日に応募はゼロだった。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文715文字)

あわせて読みたい

注目の特集