照ノ富士「不動心を心がけ」 第73代横綱昇進 令和で初

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
照ノ富士
照ノ富士

 日本相撲協会は21日午前、東京都内で理事会と秋場所(9月12日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議を開き、横綱審議委員会から推薦された照ノ富士(29)=本名・ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=の第73代横綱昇進を決めた。新横綱は2017年初場所後に昇進した稀勢の里以来で、令和では初めて。平成生まれでは初の横綱となった。

 協会は昇進を伝える使者として高島理事(元関脇・高望山)と浅香山審判委員(元大関・魁皇)を、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋に派遣。師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)夫妻とともに出迎えた照ノ富士は「謹んでお受けいたします。不動心を心がけ、横綱の品格、力量の向上に努めます」と口上を述べた。また、土俵入りは師匠と同じ不知火(しらぬい)型を選んだことを明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文546文字)

あわせて読みたい

注目の特集