上司に暴言、男性主事減給 被害の局長らも“戒告” 羽曳野市選管 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 羽曳野市は21日、上司2人に暴言を繰り返したなどとして市選管事務局の男性主事(37)を減給3カ月(10分の1)、被害を受けた男性局長(58)と男性次長(50)も管理職として適切な対応をとらず職場に混乱を招いたとして戒告の懲戒処分にした。

 市によると、局長は2020年10月、次長は21年4月から現職で、職務経験が延べ5年弱…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

あわせて読みたい

注目の特集