特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 和歌山大会 初芝橋本、サヨナラ勝ち 8強決定 耐久、市和歌山も進出 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【田辺工-市和歌山】三回裏市和歌山1死三塁、平林の右犠飛で三走の河渕が生還して3点目=和歌山市の県営紀三井寺球場で2021年7月21日午後3時18分、橋本陵汰撮影
【田辺工-市和歌山】三回裏市和歌山1死三塁、平林の右犠飛で三走の河渕が生還して3点目=和歌山市の県営紀三井寺球場で2021年7月21日午後3時18分、橋本陵汰撮影

 第103回全国高校野球選手権和歌山大会(県高野連など主催)は第12日の21日、和歌山市の県営紀三井寺球場で3回戦3試合があった。初芝橋本は終盤、猛烈に追い上げて、和歌山工にサヨナラ勝ちした。耐久は着実に得点を重ねて桐蔭を退け、市和歌山は田辺工をコールドで降した。この日でベスト8が出そろい、22、23両日に準々決勝が行われる予定だ。【橋本陵汰】

 初芝橋本は九回、5安打に四球を絡めてサヨナラ勝ち。二回途中から救援した川端が試合を立て直し、追い上げが実った。和歌山工は二回、赤松の適時打をはじめ、相手守備の乱れを突いて7点を挙げたが、追加点が奪えなかった。

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1057文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集