緊急点検、ドローン出動 県、土砂災害警戒 盛り土や砂防ダム /香川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ドローンを使って土砂のたまり具合を確認する県西讃土木事務所の職員=観音寺市大野原町田野々で2021年7月21日午前9時8分、潟見雄大撮影
ドローンを使って土砂のたまり具合を確認する県西讃土木事務所の職員=観音寺市大野原町田野々で2021年7月21日午前9時8分、潟見雄大撮影

 静岡県熱海市で大規模な土砂災害が発生したことを受け、香川県は県内の大規模な盛り土や砂防ダムの緊急点検を始めた。

 21日には県西讃土木事務所の職員3人が観音寺市内の砂防ダム8カ所を点検し、土砂がたまりすぎていないかを確認した。同市大野原町田野々にある高さ9メートル、長さ62メートルの砂防ダム「尾合谷下川堰堤(えんてい)」では職員がドローンのカメラを通し…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

あわせて読みたい

注目の特集