特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月9日~25日)の特集サイトです。

特集一覧

全国高校野球 香川大会 4強出そろう 英明VS三本松、高松商VS大手前高松 あす準決勝 /香川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【高松西-高松商】六回裏高松商2死満塁で浅野が満塁本塁打を放つ=香川県高松市のレクザムスタジアムで2021年7月21日午後3時8分、川原聖史撮影
【高松西-高松商】六回裏高松商2死満塁で浅野が満塁本塁打を放つ=香川県高松市のレクザムスタジアムで2021年7月21日午後3時8分、川原聖史撮影

 第103回全国高校野球選手権香川大会(県高野連など主催)の準々決勝4試合が21日、レクザムスタジアム(高松市生島町)とレクザムボールパーク丸亀(丸亀市金倉町)であり、ベスト4が出そろった。準決勝は23日、レクザムスタジアムであり、午前11時から英明―三本松、午後2時から高松商―大手前高松が対決する。【川原聖史、喜田奈那】

 英明が昨年の独自大会の覇者、尽誠学園を制した。2年生左腕の寒川が、被安打6の1失点で完投し、六回には無死満塁から追加点をもぎとるなど投打に活躍した。尽誠学園は打線がつながらず、攻めあぐねた。

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文539文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集