柳川市防災協会、火災警報器寄贈 市に100個 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 柳川市防災協会(加盟425事業所)は21日、市に住宅用火災警報器100個を寄贈した。消防法改正で警報器設置が全住宅で義務化され10年がたつが、市内の設置率は65%(県平均82・8%)にとどまり、協会は「逃げ遅れ被害を軽減できる」と設置を呼び掛けた。

 協会によると、2016~18年に発生した全国の失…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文376文字)

あわせて読みたい

注目の特集