県サイバーテロ対策協、攻撃の動向など確認 /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
協議会冒頭であいさつする矢野警備部長
協議会冒頭であいさつする矢野警備部長

 県サイバーテロ対策協議会が、大分中央署で開かれた。東京五輪・パラリンピックを前に、県警警備部や重要インフラ事業者など約60人が参加し、最近のサイバー攻撃の動向などを確認した。

 協議会は8日開かれ、冒頭、矢野哲幸・警備部長が「サイバー空間における脅威は、国内外で厳しい、深刻な状況にある」とあいさつ。…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文339文字)

あわせて読みたい

注目の特集