連載

きょうは海の日

毎日新聞デジタルの「きょうは海の日」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

きょうは海の日

プリサイクルマインドを考える 守ろう、私たちの海 減らそう、プラごみ(その2止)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=東京都千代田区で、前田梨里子撮影
=東京都千代田区で、前田梨里子撮影

成功例、瀬戸内海から 小泉環境相に聞く

 街中でポイ捨てされたり、ごみ集積場所などからあふれたりしたプラスチックごみは河川を経由して海に流れ込み、細かく砕けてマイクロプラスチックとなります。マイクロプラは有害物質を吸着する性質があるとされ、体内に取り込んださまざまな生き物の命をおびやかす可能性があると言われています。また、このまま対策が取られなければ、世界中の河川などから流れ込んだ海洋プラごみの総重量は、2050年には海の中の全ての生き物よりも多くなるという研究者の指摘もあります。

 近年では、ウミガメの鼻にプラ製ストローが刺さった動画が世界に衝撃を与えました。また、死んだクジラや鳥の胃袋から大量のプラごみが出てきたという報告が広く社会に認知され、世界的に対策強化の機運が高まっています。

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1386文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集