独ミュンヘンで少女像展示 芸術家グループが企画

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ドイツ南部ミュンヘンの民間ギャラリーで展示が始まった、元従軍慰安婦の被害を象徴する少女像=アート5提供、共同
ドイツ南部ミュンヘンの民間ギャラリーで展示が始まった、元従軍慰安婦の被害を象徴する少女像=アート5提供、共同

 ドイツ南部ミュンヘンの民間ギャラリーで21日、元従軍慰安婦の被害を象徴する少女像の展示が始まった。ドイツや日韓の芸術家グループ「アート5」が企画した。展示は9月中旬まで。

 名古屋市で今月、事実上の中止となった「表現の不自由展」には韓国人彫刻家制作の少女像が出品されており、この彫刻家が今回、同様の作品を韓国…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

あわせて読みたい

注目の特集