特集

バイデン政権2021

第46代米大統領となったバイデン氏。分断された国内や不安定化する国際情勢にどう対応するのでしょうか。

特集一覧

独露パイプライン完成、米が容認声明発表 米欧関係立て直し優先

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
独露パイプラインの問題などを協議するバイデン米大統領(右)とメルケル独首相=米ホワイトハウスで2021年7月15日、AP
独露パイプラインの問題などを協議するバイデン米大統領(右)とメルケル独首相=米ホワイトハウスで2021年7月15日、AP

 米独両政府は21日、ロシアからドイツに天然ガスを運ぶ海底パイプライン「ノルド・ストリーム2(NS2)」を巡り、米政府が完成を事実上容認する内容の共同声明を発表した。歴代米政権は安全保障上の懸念からNS2に強く反対してきたが、バイデン政権はパイプラインが完成間近のため制裁措置で状況を変えるのは困難と判断し、トランプ前政権で傷ついた米欧関係の立て直しを優先した。

 独露を直接結ぶNS2の完成で、欧州には安定したガスの供給が見込まれる。一方で、ロシアのガス輸出の経由地となってきたウクライナなどにとってはガス通過料の収入減やロシアによるガス供給を用いた影響力の行使などが懸念されている。

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1333文字)

【バイデン政権2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集