特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

復興五輪、どう伝えれば 震災語り部コーナー、県外から少なく

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京五輪サッカー女子の中国対ブラジル戦を見る観客=宮城県利府町のキューアンドエースタジアムみやぎで2021年7月21日午後6時16分、和田大典撮影
東京五輪サッカー女子の中国対ブラジル戦を見る観客=宮城県利府町のキューアンドエースタジアムみやぎで2021年7月21日午後6時16分、和田大典撮影

 東京オリンピックの競技が始まった21日、利府町のキューアンドエースタジアムみやぎでも女子サッカー2試合が行われた。東日本大震災からの「復興五輪」がうたわれる中、被災した東北3県で唯一の有観客開催。都市ボランティアらは、新型コロナウイルスの感染拡大防止に配慮しながら観客を誘導し、語り部たちが震災10年の歩みを伝えた。【百武信幸】

 藍色の市松模様のユニホームを着た都市ボランティア約310人は、仙台空港や仙台駅、利府町の会場周辺に配置され、約半数は仙台駅周辺の案内に立った。同駅東口のシャトルバス乗り場近くに開設された「震災語り部コーナー」では、登録した語り部約30人のうち8人が被災体験を約10分ずつ語った。

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1100文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集