ひきこもり支援室から16人就職 「社会の問題」神戸市開設1年

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
相談を呼び掛ける松原雅子室長=神戸市中央区の神戸ひきこもり支援室で2021年7月6日午後5時7分、宮本翔平撮影
相談を呼び掛ける松原雅子室長=神戸市中央区の神戸ひきこもり支援室で2021年7月6日午後5時7分、宮本翔平撮影

 引きこもりの人や家族の相談窓口「神戸ひきこもり支援室」の開設から1年となり、神戸市が対応状況をまとめた。約1年間の相談件数は延べ2516件でこれまでに就労支援などを通じて16人が就職した。支援室は「引きこもりは個人や家族の責任でなく、社会の問題だ。気軽に相談してもらい、抱えている悩みなどを解決できるよう支えていきたい」と話している。

 内閣府の調査から、神戸市内では15~64歳で約6600人が引きこもっていると推計される。市は2009年に相談事業を始め、20年2月に「支援室」を開設して体制を強化した。分室を合わせて精神保健福祉士、社会福祉士、公認心理師ら計7人の相談員が当事者や家族の悩みに対応する。3月末までに寄せられた2516件の相談の内訳は電話1117件、来所1262件、訪問76件、メール61件だった。

この記事は有料記事です。

残り1478文字(全文1836文字)

あわせて読みたい

ニュース特集