特集

熱海土石流

2021年7月2~3日、東海や関東甲信越地方で激しい雨が降りました。静岡県熱海市では土石流が発生、捜索が続いています。

特集一覧

熱海土石流 国交省、起点周辺を視察 砂防ダム新設へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
土石流起点周辺を視察する国土交通省中部地方整備局の角田隆司河川工事課長=静岡県熱海市伊豆山神社付近で、渡辺薫撮影 拡大
土石流起点周辺を視察する国土交通省中部地方整備局の角田隆司河川工事課長=静岡県熱海市伊豆山神社付近で、渡辺薫撮影

 静岡県熱海市伊豆山(いずさん)地区の土石流災害で、2次被害を防ぐため、逢初(あいぞめ)川に国直轄の砂防ダムを新設することを受け、国土交通省中部地方整備局の担当者が21日、土石流起点周辺を視察した。報道陣の同行も許可され、土石流発生後に初めて起点の周辺に入ることができた。【渡辺薫】

 国交省の担当者が視察したのは、海岸から約2キロの逢初川の最上部。現場は地層がえぐられて絶壁になり、木々の根が土中から露出する不安定な状態だった。中部地方整備局の角田隆司河川工事課長(56)は「大規模な災害だ。対岸も崩れかけている部分があり、下方の沢にも土砂が残っている」と話した。

国土交通省が2次災害を防ぐために設置したGPS観測装置。地表に「動き」があれば、すぐに行政や消防などに連絡が入る=静岡県熱海市伊豆山で、渡辺薫撮影 拡大
国土交通省が2次災害を防ぐために設置したGPS観測装置。地表に「動き」があれば、すぐに行政や消防などに連絡が入る=静岡県熱海市伊豆山で、渡辺薫撮影

 逢初川は1999年に砂防ダムが建設されていたが、今回の被害を食い止められなかった。国交省は新たな砂防ダムをつくり、完成後は県が管理することになる。工事の完了まで1年以上がかかる見通しという。

【熱海土石流】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集