児童文学作家・那須正幹さん死去 79歳 「ズッコケ三人組」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ズッコケ三人組」シリーズの本を手に思いを語る那須正幹さん=山口県防府市で2015年10月27日、矢頭智剛撮影 拡大
「ズッコケ三人組」シリーズの本を手に思いを語る那須正幹さん=山口県防府市で2015年10月27日、矢頭智剛撮影

 累計発行部数2500万部を超えるロングセラー「ズッコケ三人組」シリーズで知られる児童文学作家で被爆者の那須正幹(なす・まさもと)さんが22日、肺気腫のため死去した。79歳だった。葬儀は親族のみで営む。

 1942年、広島市生まれ。3歳の時に爆心地から約3キロの自宅で被爆した。「原爆の子の像」のモデルになった佐々木禎子(さだこ)さんは同学年で、後に同級生らに取材して像建立の舞台裏を描いた「折り鶴の子どもたち」を記した。

 島根県立島根農科大(現島根大)では森林昆虫学を専攻。自動車販売の営業マンを経て、家業の書道塾を手伝いながら文筆活動に入った。初の長編「首なし地ぞうの宝」が70年、第2回学研児童文学賞の佳作に入選し本格的に作家の道を歩み始めた。

 ハチベエ、モーちゃん、ハカセの3人が力を合わせてハプニングを乗り越える「ズッコケ三人組」シリーズは子供たちの絶大な支持を得てテレビドラマや映画、漫画にもなった。2000年に「ズッコケ三人組のバック・トゥ・ザ・フューチャー」で野間児童文芸賞を受賞。シリーズは04年に50巻で終了したが、継続を望む声に押され05年、大人になった3人組の「ズッコケ中年三人組シリーズ」に生まれ変わって15年まで続いた。

 原爆の仕組みや開発の歴史を描いた科学絵本「絵で読む広島の原爆」のほか「さぎ師たちの空」(路傍の石文学賞)や戦後の広島を描いた「ヒロシマ三部作」(日本児童文学者協会賞)など幅広いジャンルの児童文学を手がけ、出版作品は220冊を超えた。07年から5年間、日本児童文学者協会会長も務めた。

 執筆活動だけでなく自身の被爆体験や平和の大切さを伝える講演でも全国を巡った。安保法制の違憲訴訟や、中国電力が山口県上関町に建設予定の上関原発を巡る訴訟に原告として加わるなど、市民活動にも熱心に取り組んだ。

あわせて読みたい

注目の特集