4連休初日、帰省客らでにぎわう福岡空港 5月の大型連休上回る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大きな荷物とともに到着口から出てくる乗客たち=福岡市博多区の福岡空港で2021年7月22日午後3時5分、今野悠貴撮影 拡大
大きな荷物とともに到着口から出てくる乗客たち=福岡市博多区の福岡空港で2021年7月22日午後3時5分、今野悠貴撮影

 東京オリンピックの開幕前日で4連休の初日となった22日、福岡市の福岡空港は、大きな荷物を抱えた帰省客らでにぎわった。羽田発の到着便の多くは5月の大型連休を上回る利用だったといい、東京から古里などを目指す人も目立った。

 福岡市の実家に向かう東京都の会社員、今村彰太さん(27)は「五輪開幕で人が多くなる東京よりも少しは安心して過ごせる気がして帰省することにした。久々に家族の顔が見られるのはうれしい」と話した。到着口前で羽田発の便を待っていた長崎県佐世保市の女性(74)は「コロナで2年も娘と会えなかったので楽しみ」と話していた。

到着口で出迎えた人たちとの再会を喜ぶ帰省客=福岡市博多区の福岡空港で2021年7月22日午後4時20分、今野悠貴撮影 拡大
到着口で出迎えた人たちとの再会を喜ぶ帰省客=福岡市博多区の福岡空港で2021年7月22日午後4時20分、今野悠貴撮影

 日本航空によると、22日の羽田発福岡着の搭乗率は8割を超え、ここ数カ月では乗客が多かったという。NTTドコモが携帯電話の位置情報などを利用してまとめた22日午後3時時点の人出は、昨年7月の平均と比べ福岡空港で50%増えていた。【今野悠貴】

あわせて読みたい

注目の特集