特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

橋本会長「開会式目前、深くおわび」 小林賢太郎氏を解任

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見に臨む東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長=東京都江東区で2021年7月22日午前11時47分、久保玲撮影
記者会見に臨む東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長=東京都江東区で2021年7月22日午前11時47分、久保玲撮影

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は22日、開会式(23日)の演出担当を務めてきた元お笑い芸人の小林賢太郎氏(48)が過去にユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)をコントの題材にしていたとして、解任したと発表した。東京都内で記者会見した組織委の橋本聖子会長は「開会式が目前に迫る中、このような事態になり、多くの関係者、国民、都民の皆様にご心配をお掛けしたことを深くおわび申し上げる」と謝罪した。

 橋本氏は予定していた大会前日の記者会見で、報道陣の質問に応じた。小林氏は組織委の開閉会式の制作・演出チームで「ショーディレクター」を務めていた。

 このコントは、小林氏のお笑いコンビ「ラーメンズ」時代のものとみられ、「あのユダヤ人大量惨殺ごっこやろうって言った時のな」と発言した動画がSNS(ネット交流サービス)上で拡散され、批判が高まっていた。五輪憲章はあらゆる差別を禁止し、東京五輪も大会ビジョンの一つに「多様性と調和」を掲げており、理念に反する。

 開会式の演出担当者を巡っては、問題が相次いでいる。3月に開閉会式の演出総合統括の佐々木宏氏が、人気タレントの容姿を侮辱する演出プランを提案したことが発覚して辞任。今月19日には開会式の楽曲担当のミュージシャン・小山田圭吾氏が同級生をいじめていたとする過去のインタビューを巡る騒動を受けて辞任した。小山田氏が五輪開会式のオープニング映像用に制作した約4分間の曲は使用せず、土壇場での演出の変更を迫られている。

 橋本氏は21日に小山田氏の辞任を受けてコメントを発表していた。

 「この大会は、多様性と調和という言葉をミッションに掲げてきた」と強調し、「組織委は、未来の社会のために、このミッションを単なる言葉で終わらせてはいけない、それはいま、この世界で大会を開催することの大きな意味であると考えている。失敗を重ねながら、困難を乗り越えながら、あきらめずに人間の尊厳を大切にする社会を目指すために、一日一日を過ごしている私たち自身の社会の縮図でなければならない」などと記していた。【岩壁峻、倉沢仁志】

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集