特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

19歳差継投、後藤希友が好救援 上野に誕生日プレゼント

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本-メキシコ】八回表2死満塁のピンチを三振で切り抜け喜ぶ後藤希友(右)と我妻悠香=福島県営あづま球場で2021年7月22日、徳野仁子撮影 拡大
【日本-メキシコ】八回表2死満塁のピンチを三振で切り抜け喜ぶ後藤希友(右)と我妻悠香=福島県営あづま球場で2021年7月22日、徳野仁子撮影

 東京オリンピックのソフトボールは22日、福島市の福島県営あづま球場で1次リーグ3試合を行った。日本は延長八回タイブレークの末に3―2でメキシコにサヨナラ勝ちし、開幕2連勝となった。

 土壇場で同点に追い付かれた直後の七回無死一、二塁。39歳の誕生日に粘投したエースの上野由岐子(ビックカメラ高崎)に代わって、20歳の後藤希友(みう)=トヨタ自動車=がグラウンドに向かった。チーム最年長から最年少へ19歳差の投手リレー。これがはまった。

【日本-メキシコ】七回途中から救援し無失点に抑えた後藤希友=福島県営あづま球場で2021年7月22日、徳野仁子撮影 拡大
【日本-メキシコ】七回途中から救援し無失点に抑えた後藤希友=福島県営あづま球場で2021年7月22日、徳野仁子撮影

 「上野さんの誕生日で、必ず勝ちをプレゼントしたいと思っていた」と後藤。懐を突く伸びのある直球とブレーキの利いたチェンジアップで無失点で切り抜けると、無死二塁から始まるタイブレークに入った八回も続投。最後は2死満塁から外角いっぱいのチェンジアップを決めて見逃し三振に仕留めた。2回を被安打1、5奪三振で無失点。圧巻の投球がサヨナラ勝ちを呼び込んだ。

 高校生の時から「将来の日本のエース候補」と呼ばれ、日本代表で経験を重ねてきた。5月の日本リーグでは無安打無得点試合を達成。3月の五輪メンバー発表時に宇津木麗華監督はワンポイントで起用する方針を示していたが、日に日に存在感が高まっている。

 試合後、宇津木監督は「昔の上野に見えてきて(起用した)。最高のピッチングでした」と最大級の賛辞を贈った。これで日本は2連勝。成長著しい若手の活躍で乗ってきた。【細谷拓海】

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集