特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

久保建英、五輪の重圧吹き飛ばす決勝ゴール 得意の左で決めた

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本-南アフリカ】後半、先制ゴールを決める久保建英(右)=味の素スタジアムで2021年7月22日、宮武祐希撮影 拡大
【日本-南アフリカ】後半、先制ゴールを決める久保建英(右)=味の素スタジアムで2021年7月22日、宮武祐希撮影

 「苦しい時間帯だった。途中から『決めるなら自分だ』と思っていた」――。新型コロナウイルスの影響で調整不足の南アフリカの守備網を破れず、もどかしさをかき立てるような無観客の空気を一変させたのは、MF久保建の左足だった。

 0―0で迎えた後半26分。MF田中からのサイドチェンジを、ペナルティーエリアの右で久保建は巧みに足元に収めた。「受ける前からトラップの後を想定した」と、描いた通りに相手との距離を保ちながら内に切り込み、得意の左足でゴール左隅に決め、雄たけびを上げた。

 南アフリカの高い身体能力を警戒しつつ、相手の守備にほころびがあると分析し、日本は組織力で崩そうと考えていた。しかし、最終ラインに5人、その前に4人が並ぶ「壁」を作られ、粘り強く守られた。

【日本-南アフリカ】前半、シュートを放つ久保建英=味の素スタジアムで2021年7月22日、宮間俊樹撮影 拡大
【日本-南アフリカ】前半、シュートを放つ久保建英=味の素スタジアムで2021年7月22日、宮間俊樹撮影

 シュート数は日本の14に対して南アフリカは4。前に引きだそうと誘いをかけても乗って来ず、一筋縄ではいかなかったが、序盤から久保建や三好ら中盤を中心にテンポ良くボールを回し、攻め続けた。初戦の硬さや焦りはあまりなく、我慢の末に勝ち点3をつかみ取った。

 今回、年齢制限のないオーバーエージ(OA)枠はともにDFの吉田と酒井、MFの遠藤航の3人。いずれもフル代表の主力で守備的な選手だ。それは、久保建ら前線の選手への森保監督の信頼を示すものともいえる。

 期待に応えた久保建は「緊迫していたが、これで(1次リーグの残り)2試合勝てば良い」と自信を深めた。声援の後押しがない開催国の重圧を背負った中、勢いづいていきたい。【谷口拓未】

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集